コエンザイムQ10と美容の関係

コエンザイムQ10は何年か前に注目されてブームになり、今でもスキンケアアイテムやサプリメントに活用されていることから、女性で知らない人はいないのではないでしょうか??

 

美容やアンチエイジグ効果が高いことで知られているコエンザイムQ10ですが、一番の特徴はその抗酸化作用です。

 

抗酸化作用

 

体に必要なエネルギーを作りだす際にどうしても発生してしまうのが、活性酸素と言われる物質です。

 

抗酸化作用がきちんと働けば、この活性酸素が除去されるので体が錆びることなく美しく保つことができます。

 

しかし、年齢を重ねるごとに体内のコエンザイムQ10が減少していくため、抗酸化作用の働きが弱まり、身体が錆びついて肌のハリがなくなり、シミやシワが目立つようになってきます。

 

最近急に老けてきた、と感じる人は体内のコエンザイムQ10が不足しているのかもしれません。

 

 

年齢を重ねても美しくいたいと望むならば、外部からコエンザイムQ10を補う必要があります。

 

外部から不足した分を補ってあげれば、抗酸化作用がきちんと働くようになるので、美容の大敵である活性酸素を抑制してくれるようになります。

 

必要量を食事から摂るのは難しいので、サプリメントを活用して効率的に摂るようにしましょう。

 

サプリメントだけでなく、化粧品として肌に塗布しても効果を感じることができます。

 

内側と外側のどちらからもケアすることで、美しさを維持、あるいは取り戻すことができます。

 

年齢とともに美容の対策が必要だと思っている人は、是非コエンザイムQ10を取り入れてみてください。